明日の種

〖解説〗特別定額給付金の10万円の申請方法、いつ受け取れるのか、注意点など 

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)におきまして、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うことを目的として「特別定額給付金」事業が実施されることとなりました。

対象者とは?


対象者は2020年4月27日を基準日として、市区町村の住民基本台帳に記載されているすべての人が対象になるということです。具体的には、国内に住む日本人と3か月を超える在留資格などを持ち住民票を届け出ている外国人の方が対象となります。

給付は1人10万円ですが、現金を受け取れるのは「世帯主」となります。 3人家族の世帯なら、世帯主が30万円を一つの口座に受け取ることになります。

気になる申請方法は?

申請方法は郵送申請とオンライン申請この2つです。

●郵送申請

市区町村から世帯主宛に郵送されてくる申請書に、必要事項を記載して返送する方式です。申請書には、あらかじめ、家族全員の氏名や生年月日が印刷されていて、世帯として受け取れる合計金額がわかるようになっているようです。

情報に間違いがないかを確認して、世帯主が、氏名、生年月日、現住所、それに、振り込みを希望する、自分名義の金融機関の口座の情報などを記入します。

  1. 申請者の本人確認ができる書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)のコピー
  2. 指定した口座を確認できる書類(通帳やキャッシュカード)のコピー

(水道料引き落としなどに使っている世帯主名義の口座の場合は不要)

上記2点を、市区町村に郵送すれば家族分の給付金がまとめて振り込まれます。

病気などで、世帯主本人が対応することが難しい場合は、代理人が申請したり、給付金を受け取ったりすることができます。

申請書の案を総務省が公表しています。

(様式1)特別定額給付金申請書(見本)1ページ目

●オンライン申請

世帯主がマイナンバーカードを持っている場合は、オンラインでの申請もできます。オンライン申請ではこの2つが必要になります。

  • マイナンバーカード
  • PC用ICカードリーダーかNFC(近距離無線通信)に対応するスマートフォン

手続きは、マイナンバー制度の専用サイト「マイナポータル」上で行います。口座情報などを入力した上で、口座確認書類をアップロードし、電子申請を行います。電子署名により本人確認を実施するため、本人確認書類は不要です。
 ※金融機関の口座がないなどのやむをえない事情がある人は、窓口で、直接申請書を出して、後日給付金を受け取ることも可能ということです。

給付時期は?

給付開始は市区町村がそれぞれ決定しますが、総務省は「緊急経済対策の趣旨を踏まえ、迅速な給付開始を目指すことをお願いする」としており、早ければ5月中に給付が始まる見通しです。
給付金の申請期限は、市区町村の受け付け開始から3カ月以内となります。

北海道 湧別町 住民に申請書送付 来月1日から振り込み開始

兵庫 伊丹市 連休明けにも一律給付開始へ

上記のように、市区町村で給付時期決まっているところもありますが東京23区では、受け付けや支給の開始時期未定のところが多いようです。

注意点とは!?

世界中でコロナの給付金詐欺被害が多発しているようです。

日本では1000万円、ドイツでは100億円の近くの被害総額出ているようです。

市区町村や総務省などがATMの操作を求めたり、手数料の振り込みを求めること、住民の世帯構成や口座番号などの個人情報を電話や郵便、メールで問い合わせることも絶対にありません。

自宅や職場などに市区町村や総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、市区町村や警察署(または警察相談専用電話「#9110」)に連絡するよう呼び掛けています。

まとめ

皆さんこの大変な時期に決して詐欺被害にあわないよう気を付けましょう。

総務省のホームページに特設のページが設けられています。

総務省ホームページ

専用のコールセンターで相談も受け付けています。

電話番号:03-5638-5855
受付時間:午前9時~午後6時半(土、日、祝日を除く)

なんとかこの時期を乗り切って、明るい未来が来ればと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です