明日の種

新型コロナウイルスの感染予防できる商品について

新型コロナウイルスの蔓延により、マスクや消毒関連の商品の爆発的な売れ行きが起こっている中、
ふとこんなニュースが流れてきた。

https://www.u-presscenter.jp/2020/04/post-43538.html

この記事を一言で説明すると、「消費者がスーパーやドラッグストアでいつでも購入できる商品の中で、コロナウイルスに効果のある商品を見つけたので皆さんに共有しますね!!」という北里大学からの発表である。

効果あり商品一覧


 かんたんマイペット(原液)、クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 香りが残らないタイプ(絞り液)、クイックルワイパー 立体吸着ウエットシートストロング(絞り液)、クイックルJoanシート(絞り液)、クイックルJoan除菌スプレー(原液)、食卓クイックルスプレー(原液)、セイフキープ(絞り液)、トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り(原液)、ハンドスキッシュEX(原液)、ビオレガード薬用泡ハンドソープ(原液)、ビオレu薬用泡ハンドソープ (3倍希釈)、ビオレガード薬用手指用消毒スプレー(原液)、ビオレガード薬用ジェルハンドソープ (3倍希釈)、ビオレu手指の消毒液(原液)、リセッシュ除菌EXプロテクトガード(原液)アタック高浸透リセットパワー(3.5g/L)、アタックZERO(3000倍希釈液)、クリーンキーパー(100倍希釈)、ワイドハイターEXパワー液体(100倍希釈液)、ワイドハイターEXパワー粉末(5.0g/L)、ワイドマジックリン(10g/L)

効果なし商品

 アタック 抗菌EX スーパークリアジェル(1200倍希釈液)

全ての商品が同じメーカー

これらの商品を調べてみると、あることが分かった。
それは、、「全てが花王という会社の商品である」ということ。

大学の調査を使って宣伝するなんて、、、。とちょっと強引な宣伝だなと感じざるを得なかった。

しかしよく調べてみるとこんなことが分かった。

  • 北里大学の実験で、研究にて評価した製品の選定にあたっては、この研究結果の公開に異議を唱えないことが前提
  • 国内複数企業へ製品サンプルの提供を要請し、同意が得られた企業の製品のみ…

つまり、実験結果がどうであれ製品名も結果も公表しますよ!という条件を飲んだのは花王だけであったということである。
実際、花王に問い合わせをしたところ、「北里大学に商品を提供しただけで結果についての質問は受け付けていません」という回答があった。

松下電器(現Panasonic)の創業者である松下幸之助氏は宣伝についてこう述べている。

「良き品を売ることは善なり。良き品を広告して多く売ることは更に善なり」

「われわれには、この品物をあなたがお使いになれば、便利で利益になりますということを消費者にお知らせする義務がある。“義務的宣伝”が宣伝の基本、本義である
ことをはっきり心得ておかなければなりません。売らんがための宣伝は、正しい意味での宣伝とは違います」

花王は企業方針として、誠実で清潔な“徳のある企業”であるために『正道を歩む』という言葉を掲げている。

今回の北里大学の結果は、常に正道を歩み、製品に対しての絶対的な自信があるからこその結果かもしれない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です