明日の種

満員電車で座れる方法

皆さんこんにちは

満員電車でも席に座りたい!!
毎日そう思い続けて東京まで出勤している26歳社会人3年目です。

満員電車が嫌で会社員になることをやめようかと思った時期もありました。笑


「満員電車」ってとっても嫌ですよね。
満員電車好きは変態か盗撮魔か痴漢魔しかいないと思います。笑

私も平日は毎日1時間かけて日本一の乗車人数である●●駅へ出勤しているのですが、かなりつらいです…。

皆さん、
普段会社への通勤などで満員電車を経験している時、このようなことに遭遇したことはありませんか?

自分が立っている前の席ではなく、その隣の席が空いた時、
「そっちが空くのかよ…」

さらにその空いた席に座った人が、
自分よりも後の駅から乗車した人だった場合、
「そっちに立てばよかった…」と。

満員電車に揺られて仕事に向かうだけでも苦痛なのに、そんなことが起きるとさらに憂鬱な気持ちになりますよね…。


今回はそのような人のために毎日の満員電車でも座席を勝ち取る必勝法をお伝えしたい所ですが…

さすがに必勝法はありません(笑)

f:id:yo-mei777:20130727213311j:plain

ですが、座る確率を上げることはできますので、それをお伝えします!

ちなみに私の場合、最大乗車率194%の某●●線にて、平日5日間のうち3〜4日は確実に座席に座ることができます

満員電車で座席獲得の確率を上げる


①毎日異なる時間、異なる車両に乗る。

まずは、空いている時間帯・空いている車両を知る必要があります。

朝の場合、終点駅への到着時間が8時〜8時45分の間だとかなり混雑しています。
社会人はもちろん、大学生もこの時間に乗車する人が多いからです。

逆に7時半〜8時の間だと空いている、もしくは高校生の乗車が多く見られます。

そして、車両によっても乗車人数が大きく異なることも想像がつくと思います。
真ん中の車両のほうが人数は多く、端は少ない。
ただ、端に乗車している人は途中下車する人が少ないという印象があります。

まずは一週間かけて、どの時間・どの車両が空いているか調べてみましょう!
ただ、もちろん自分が乗車可能な時間でです!笑
そりゃ始発を乗れば座れますからね…笑

②途中駅の改札へ向かう階段の把握

長年通勤、通学をしている人はどこの車両に乗れば改札までの最短距離になるか把握している方がほとんどです。

その車両を把握し、一気に下車してくれる駅を知ることで座席獲得率がアップします。

また逆に、終点駅の改札への最短距離の車両に乗ってしまうとよっぽど運が良くない限り座席に座ることができません。

③小・中・高校生の把握

これも非常に重要です。


大学生以外の学生が終点まで乗り続けることは非常に少ないので学生の前に立つことができれば座席が確保できたも同然の状態を生み出すことができます。これは制服を見ることでどこの駅で降りるか把握することができると思います。


また、意外と浪人生が電車に乗っている可能性もあります。
しかも浪人生の場合は私服なので意外とみんな盲点!!
大きめのリュック、そしてキャリングケースを持っている方は要観察です!

f:id:baoumaru:20191004012611j:image


①〜③を全て実施、把握したらもうあなたは誰がどの駅で降りるのかを把握しているはずです。
固定時間、固定車両、固定のドアから乗り続けてください。

座席獲得率が極端にUPしているはずです!!

番外編〜海外の車両〜

海外では、
『自分が下車する駅名の書かれた紙を首から下げる』という文化のある国があります。

そうすることで、どの人がどこの駅で降りるのかを把握できるだけでなく、
みんなが降りる駅を把握しているので居眠りによる下車逃しを防止することができます。

みんなが起こしてくれるってわけです!!

朝・晩の満員時だけでなく、飲み会終わりの終電間際の時間にも大活躍しそうなシステムですね!!

なので、この記事を読んだ方が、是非このシステムを日本でも広めてくださることを心待ちにしています!笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です