人・本のタネ

「読むだけでプレゼン力上がる!?最強おすすめ小説」

 皆さんこんにちは。
皆さんは普段、読書をされていますか??

全くしていないという方もいれば、自己啓発本や小説など偏ったジャンルのものをひたすら読み続けている方もいると思います。


私はと言いますと…だいたい1.2日で1冊。仕事が忙しい時でも1週間で1冊は本を読むように心がけていますので、年間おおよそ100冊ペースで読書をしています。


今日は、そんな私が究極にオススメしたい本を1冊ご紹介します。

それがこちら、
「本日はお日柄もよく」原田マハさんの小説です。

f:id:baoumaru:20191005230848p:plain

https://www.amazon.co.jp/より引用

実はこの小説、2017年に比嘉愛未さん主演でWOWOWドラマ化もされたのでご存知の方も多いかもしれません。

あらすじ

ネタバレをしない程度に簡単なあらすじをお話します。


二宮こと葉という主人公の女性が幼馴染の厚志の結婚式に出席するシーンからこの小説は始まります。

その結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会うのです。

すぐさま、その伝説のスピーチライターに弟子入りをし、その後、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターとして活躍していく。

という目頭が熱くなるお仕事小説です。

なぜおすすめなのか

実はこの本、小説なのに自己啓発本のような学びを得ることができる本なのです。

どういった学びか。

それは「プレゼンテーション能力」です。

私は今まで何十冊とプレゼン関連の本を読んできました。

また、YouTubeでスティーブ・ジョブズなど有名プレゼンターの動画をを何度も見て、自分流にアレンジして人前での報告に活かそうと勉強してきました。

しかし、この本を読んで6年経ちますが、どんな本や動画よりも為になったのがこの「本日はお日柄もよく」だったということを今でも鮮明に覚えています。

どんな人におすすめなのか?

社会人の方はもちろんですが、学生の方にも絶対にすすめることのできるものです。

社内でのプレゼンだけでなく、営業時、ゼミでの発表、また自己紹介時、結婚式等のスピーチなど、人前で話す機会がある人には是非一度は読んでもらいたいです。

また、自己啓発本ではなく、小説なので説教じみた本でもなく、ストーリー性のある読みやすい本です。

まとめ

読み終えた後、たとえ学びがなかったとしても、面白い小説だったな!と
思っていただけるとおもいます!!

下にリンクを貼っておきますので、
是非興味がある方は購入してみてください!!

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です