明日の種

意外と知らない?? 家を無料で補修する方法

皆さんこんにちは。

昨年(2019年)の秋、台風19号が関東を襲っており、大変な被害がでました。

川の氾濫、ダムの放流、土砂崩れ、停電など多くの方が被害に遭い、自宅が倒壊した方もいると思います。

そこで今回は、『家を無料で補修する方法』という内容でお話ししようと思います。

ホットな出来事で言えば、
「台風で窓ガラスが割れてしまった…」
「台風で家の壁にヒビが入ってしまった…。」
などの状況が発生している家もあると思います。

明日になったら損害の出ている家もあるかもしれませんね…。

もしくは、そんな大きなことでなくても大丈夫です!

・物が倒れて家具が壊れてしまった。
・子供が壁に落書きをしてしまった。
     などのことでもOKです。

もしそれが賃貸物件だとしたら、
退去時、高額請求されるのでは…?と心配になってしまいますよね。

しかし、ご安心を!意外と皆んなが知らない、無料で修理する方法があります。

火災保険を使用する!

結論から言えば、『火災保険を使用する』ということです。

もし家に傷がついた場合、保険に連絡をすれば補償してくれる可能性が非常に高いです。
なのに、ほとんどの方が使っていないのが現実です。
それは、火災保険の本当の使い方を知らない人が多いからです。

実は7年以上住んでいる方の80%以上の家は、「保険で適用できる箇所が1箇所以上ある」そうです。

でも、皆さんは『火災保険』と聞いて、様々な疑問が出てくると思います。
その疑問を一つずつ解決していきましょう〜。

疑問①


・私の家は火災保険入っているのかな…。

ご安心ください。
ほぼほぼ100%の確率で皆さん加入しています!

特に賃貸物件の場合、「借家人賠償」という言葉があります。
これは、大家さんに対して損害を与えてしまった場合に費用を負担してくれるというものであり、賃貸物件を借りる時には必ずこれがついている火災保険に契約させられます。

疑問②


・火災保険ってそもそも、どういう時に使えるの??

火災保険と聞いて、「家が燃えた時に使うもの!」と考えている方は甘いです!笑
実は火事の時以外も、落雷や水害、風害はもちろん、破損や汚損など偶然の事故の場合は火災保険の適用が認められます!

疑問③


・でも保険を使ったら次の月から保険料が値上がりするんでしょ??

実は何度使用しても保険料は変わらないというのが、他の保険との違う大きな特徴になります。
なので、使わないともったいないのです!!

火災保険の適用幅


実は火災保険は皆が想像しているよりもはるかに幅広く適用されます。
まぁだからこそ皆あまり使用しないんですけどね…。

保険, ホーム, 家, 住宅保険, 保護, プロパティ, セキュリティ, 安全性, リスク, 安全, 不動産

ポイントは「意図せず壊してしまった」という点です。
・子供が床を傷つけた。
・物を落として洗面台を割ってしまった。
・強風で窓ガラスが割れた。

などなど、意図せず壊してしまった場合は、すぐに連絡しましょう。

特に賃貸物件の場合、退去時に『現状回復義務』があります。
しかも退去時では、時すでに遅し。保険で補修をすることができません。
なので、傷をつけてしまったら、「すぐに」が大切です。

まとめ

保険使用のポイントとしては、
①偶然の事故であること。(突発的なものもOK)
②傷がついたらすぐに申請すること
の2つになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です