未分類

意外とやってしまう脳に悪い7つの習慣とは

今回は、脳科学に基づいた本、「脳に悪い7つの習慣」をまとめましたのでご紹介します。

さっそく結論から

どんな習慣が脳に脳に悪いのか、、、
結論から述べると、

  • 「興味がない」と物事を避ける
  • 「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
  • 言われたことをコツコツやる
  • 常に効率を考えている
  • やりたくないのに、我慢して勉強する
  • スポーツや絵などの趣味がない
  • めったに人を褒めない

この5つになります。

ではなぜこの7つの習慣が脳に悪いのでしょうか。

脳の3つの本能

脳には3つの本能を持ち合わせています。
それは、
⑴生きたい
⑵知りたい
⑶仲間になりたい
です。

人間を含めたどんな生き物であっても、全ての生き物の目的は「種の存続と繁栄」です。
この目的を達成させるために脳をより発達させたのが我々人間になります。

ですので、人間の脳の目的も生きることです。
そして、人間が生きる為には、あらゆる知恵を”知ること”と他の個体と”仲間になること”です。

ですので著者の林先生は脳の本能を上記の3つであると示しています。
つまり、この脳の本能に従うことで脳のパフォーマンスを高めることができるというわけです。

脳の仕組み

人の脳は自分が好きなことや自分の為になると思ったことに対して積極的に食いつき、記憶力・理解力をUPさせます。さらにその行為をしている際は疲れにくいという力を発揮します。

”好きこそ物の上手なれ”という言葉がありますが、これはまさしく「知りたい!!」という脳科学に基づいた言葉であると言えます。

リフレーミング力

リフレーミングとは、物事を別の枠組みで捉え直すことです。

例えば、、、
上司に仕事を降られた…。めんどくさいなあ〜
という感情が起こる時でも、

「でもこの仕事によって自己成長できるし、上司からも期待されているんだな!」
というように物事を別の側面から捉え直します。

このようにリフレーミングすることでその物事を好きになろうとし、脳はパフォーマンスを上げてくれます。

では、冒頭で述べた脳に悪い7つの習慣をリフレーミングしようと思います。
①「興味がない」と物事を避ける
  ⇨何事にも興味を持って関わる

②「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
  ⇨「好き」・「楽しい」などポジティブ発言を習慣化する。

③言われたことをコツコツやる
 ⇨自ら考えて行動する。

④常に効率を考えている
 ⇨無駄そうだと思うことから気づきを得る。

⑤やりたくないのに、我慢して勉強する
 ⇨主体性を持つ。

⑥スポーツや絵などの趣味がない
 ⇨触れてこなかった物事にも興味を持ち、感性を養う。

⑦めったに人を褒めない
 ⇨相手の良いところを常に考え、言葉にする。

まとめ

今回は、脳の仕組みと本能を理解することでどんな習慣を持てば脳にとって良いのかを見てきました。

そして、著者の林先生は、この本の中でこのように言っていっています。
『頭の良い人とは、何に対しても興味を持ち、積極的に取り組むことのできる人である』と。

もしかしたら、頭の良い人はリフレーミングすることが上手い&リフレーミングが習慣化されているのかもしれません

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です