明日の種

年間250万以上を貯金するために止めた5つの方法とは、、

貯金したいけどなかなかできない。
気付いたらお金を使っている…。
何に使っているのかあまり覚えていないけど常にお金がない…。

そんな社会人や学生の方も多いのではないでしょうか。
一つの動画をご紹介したいと思います。

それがこちら。

年間250万円以上貯金した会社員が節約するために止めたこと5選』

この方は小さなお金に対してすごくシビアに考え、年間250万円以上もの貯金をしています。
この方の節約するための5つの止めたことをご紹介していこうと思います。

①お酒を止める

お酒を飲む事は自由です。なのでお酒を飲むことが悪いということではなったくありませんが、お酒は依存性が強く、時間とお金い厳しくなるという理由を挙げています。
この方は家で一人酒をするなどはしておらず、会社や友人との飲み会の中でお酒を飲むというくらいの頻度だったそうですが、『習慣になる』怖さをお酒に感じたそう。

ちなみに、お酒を1日一本のむとした時、
300(1日)×365=10万9000円
10万9000円×30年=328万円(生涯)
となります。

この方は将来的にどれくらいの費用がかかるのか逆算して実際にそれを止めるかどうか判断しているそうです。

②広くて浅い人間関係を止める。


交友関係が広い=ステータス」という考えを持っている人も多くいるのではないでしょうか。
そういった人はとにかく暇な時間をなくす。予定を全て埋めることに必死になり、それに優越感・快感を覚えるという場合もありますよね。

この方も以前は予定を埋めることに必死にはなる。予定を埋めている人に嫉妬する。という謎の現象に陥っていたそうです。笑
ただ、結果的に時間とお金を失い、そのかわりに浅い思い出がの残ったということを言っています。

もちろん、広くて深い人間関係を築けることがよいのかもしれませんが、現実的になかなか難しいですよね。
広くて浅い人間関係を築くくらいであれば、狭くて深い人間関係を作るべきかもしれませんね。

③外食・コンビニ・自動販売機での買い物を止める

これは、一言でいって高いですよね。
確かに、外食やコンビニは美味しいし、リーズナブルな値段で買うことのできる場合もあるかもしれません。

ただ、スーパーやドラックストアの方が圧倒的に安いです。数十円、数百円の差であっても、それが塵も積もっていけば大きなお金になっていきます。
節約するには小さなお金こそ大切にすべきだとお伝えしています。

④セール品購入を止める。

本当にお得なのかわからない。
セールというだけで本当に必要なのかわからないものまで購入してしまう。というのが理由だそう。

私自信もセール品を見て、こんなお得なら今買わなきゃ!という衝動に駆られ、ろくに他の商品と比較もせず、また本当に求めていたものかもわからず購入してしまうという経験が実際にありましたので、
非常に納得させられました。

ものは値段ではなく、価値で買うものであるとこの方は言っています。
自分を俯瞰し、買った後の自分を想像した上で購入することがいいかもしれませんね。

⑤見栄を捨てる。

はっきり言ってこれが最も重要であると言っています。
人目を気にして高級車やバック・服などを購入している人も多いと思います(実際に私もそうです)

もちろん人目を気にすることは悪いことではありませんが、人目を気にして購入した先になにがあるかを考えてみてください。
自慢した先に何があるのか。

まとめ


もちろん、幸福は人それぞれです。
お金を使わないで人生何が楽しいのかと反論する方もいるかもしれません。

お酒を飲む人、見栄を張る人を否定しているわけではなく、
そこは自分の価値観に従って生活していくのがよいのかなと思います。

私はこの動画の要点をまとめて記載させていただきましたが、この方はここには載せきれない良いことや、自分の考えをこの動画でまだまだいっぱい伝えています。
興味がある方は是非見てみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です