明日の種

知らなきゃ損 日経新聞を無料で読む方法

社会人になると上司から新聞を読め!と言われることが多いと思います。
(私も実際言われました)

また、私は営業マンなのですが、取引先から日経新聞のネタを話題に振られることも多々あります。

社会情勢を知る上で新聞を読むことが大切なことは間違いないでしょう。
でも月額5000円って考えると少し高いと感じることがあるのではないでしょうか?

そこで今回は日経新聞を無料で読むことができる方法をご紹介します。

日経新聞を無料で読む方法

答えを一言でいうと、『楽天証券に登録する』になります。

楽天証券のサービスの一環として、「日経テレコン」を購読することができます。

パソコンやスマホからでも見ることができるので通勤時に大きな新聞紙を広げなくてもささっと読むことができます。

本当に無料なの?追加料金も発生しない?

はい、一切発生しません。
楽天証券への登録も無料でできますので、証券取引をする人もしない人でも登録さえしてしまえば日経新聞を無料購読することができます。

https://www.rakuten-sec.co.jp/

「楽天証券」の画像検索結果

ほかの証券会社は??というと、大和証券や丸三証券に登録されている方でも購読が可能です。

ただ、証券取引のおすすめは楽天証券ですので、これから上記2つの証券を登録するのであれば楽天証券への登録をおすすめします。

デメリット

タダより怖いものはない」なんてことわざもあるくらいなので、何かデメリットはないの?と思う方もいるかもしれません。

楽天証券からの日経新聞無料購読には2つのデメリットがあります。

①過去3日分の記事しか読めない。

過去の記事を読み返すことはできません。
最大でも過去3日分の記事のみの購読になります。
ただ、ニュースはスピード感が重要で毎日コツコツ読むことが大切なので特に問題はないかと思います。

また検索機能はあるため、検索機能を活用すれば過去1年間分の記事を読むことが可能です。

②記事の表示が簡素的

新聞って、一面や二面があったり、重要度によって使用している枠が大きかったりと、一目で見てどの記事が重要なのか、大きな話題なのかが分かると思います。

しかし、この無料購読は記事が簡素化しており、どの記事も同じ表示のため、重要度がわからないという点があります。

ここは無料ということもあるのでご愛嬌ですね。

実際私も使用していますが、デメリットよりもメリットの方が大きいと思います。

まとめ

最新の日経新聞情報を知るには、楽天証券からの無料購読で十分だと思います。

これによって、年間5〜6万円の支出削減になります。

また、昔は情報を取りに行かなければなかか入ってこない時代でしたが、現代は情報で溢れている時代なので、他にも様々な手段があるかもしれませんね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です