企業のタネ

イジゲン株式会社 日本最大級のサブスクリプションサービス『always』とは?

皆さんは最近流行のビジネス、「サブスクリプション」という言葉をご存知でしょうか?

サブスクリプション」とは、モノを買い取るのではなく、モノの利用権を借りて、その期間に応じてお金を払うという方式のビジネスを言います。

最近では、NetflixやAmazon primeなどがそれにあたり、非常に流行っているビジネスモデルとなります。

でも実は「サブスクリプション」は日本でも昔から行われていました。

それはガスや電気などです。ガスや電気料金は使用料に応じてお金を支払います。
お金を払ったからと言って決して自分のものにはなりませんよね。
なので、最近流行ってきたというだけで新たなビジネスモデルというわけではありません。

近年、”所有”から”利用”へと消費傾向が変化している時代の流れを捉えたサービスを提供したい。うちの会社もサブスクリプションを活用してお客様に何かご提案できないか…
そう考え、実現させたのがイジゲン株式会社の『always lunch』というサービスです。

always lunchとは

毎日、会社のチームメンバーとランチ…。
一人暮らしだから金欠なのに、上司の誘いは断らないよ…。

また今日もママ友とランチ会…。
欲しいもののためにお金貯めたいのに、断ったら嫌われそうで断れない…

なんてことを経験したことのある方は少なくないのではないでしょうか?
しかも都内であればランチ1食およそ1000円。
平日毎日行ったとして、月の出費は1000×20日で2万円にも及びます。

そんな会社員、ママさんにオススメなのが『always lunch』というサブスクリプションです。

どういったサービスかというと月額5980円(税抜)で登録加盟店のランチが食べ放題!!

平日の仕事の合間にこのサービスを活用したとすると、6578円(税込)÷20=328.9

つまり、平日ランチが1食あたり約330円で購入することができます。

さらに現在、加盟店は福岡、京都、大阪、そして東京(渋谷)の4箇所となっており、この加盟店であればどこでも利用できます。
つまり普段は渋谷でランチしているけど、出張や旅行で福岡に来る機会があった。となれば福岡の加盟店も利用可能というわけです。

東京(渋谷)を例に挙げさせていただきますと、渋谷でのサービスは2019年11月に新しくサービスが運営されたばかりなのですが、すでに加盟店は20店舗以上を越えております。したがって平日毎日別のお店へ行っても月に同じお店に行くことはありませんので食事バランスや、飽きなども心配無用です。
渋谷であればガパオや牛カツ、担々麺、ハンバーガーなどのお店が現在加盟されております。

利用方法


①ネットからalwaysに登録し、always lunchの定額パスを購入。

②パスをスタッフへ提示。
(店頭QRコードを読み取りパスを店員に見せるだけ)

③ランチゲット

たったこれだけなので非常に簡単です。

メリット


このalways lunchのサービスには私たちお客さんにとってメリットが3つあります。

①月額料金が固定で、いくら利用しても追加料金がかかりません。

②美味しさにフォーカスした加盟店選びのため、「こんなランチを食べたい」がいつでも実現可能

③このサービスは始まったばかり!利用エリアや利用店舗は今後拡大していく予定なので飽きることなくこのサービスを利用できます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-1-1024x430.png です

デメリット

ここまできくと、そんなうまい話あるわけない。何か欠点があるんじゃないの?と思う方がいると思います。

なんたって、月額6500円で毎日お店に来られてしまえば元が取れなくなってしまいますもんね…。

実は1点だけ、このサービスには欠点があります。

それは、
利用時間や利用回数は加盟店によって異なる』ということです。
店舗によっては、13時〜15時の少しお客さんが減った時間などに設定されている店舗や、月○回まで利用可能というように設定している店舗もあります。

このように少し制限をかけることで店舗にとってもメリットを生み出しているのです。

まとめ


毎日ランチを外食で済ませるママさんや会社員にとってはデメリットを差し引いても、もたらす利益は大きいのではないかなと感じました。

私は現在新宿で働いていますので、早く新宿にも加盟店ができてほしいなぁと思ってしまいました。
(もしできたら秒で登録します。笑)

引用元サイトhttps://always.fan/lp/lunch/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です