企業のタネ

時代を先取り!?selfUとは

ファミレスに入り、席に座る。
メニューを眺め、なにを注文するか決める。店員を呼ぶ押しボタンもなければ注文型タッチパネルもない…。

大きな声を出すのは嫌だけど、店員は注文したいという私の気配に気づいてはくれない…。

そんな飲食店によくありがちな問題を解決してくれるのが、2019年夏に導入されたアプリ『selfU』です。

なんと現代では誰もが持っているスマートフォンを活用することでこの課題を解決します。

selfUってなに??

selfUは、私たちが”飲食店で着席した状態から自分のスマートフォンを使ってメニューを注文できる”というサービスです。

「selfU」の画像検索結果

selfUから注文する際、私たちが行う手順はたったの2ステップです。

①まずテーブルにあるQRコードを読み取ります。

②すると、スマートフォンにはそのお店のメニューが表示されます。
その中から注文したい商品を選び、タップします。

たったこれだけ。

タップしたオーダー内容はそのまま厨房へ送信され、調理が始まる。料理が完成すると、席まで運ばれてきます。

注文時にスタッフを呼ぶ必要は全くありません。

店舗メリット

店舗側が『selfU』を導入するメリットは

①人手不足解消

お客様が自ら注文してくれるのでオーダーを取る必要がありません。
そのため人件費削減につながります。

②外国人対応

英語話せない…。この人何を注文したいんだろうといった外国人対応がなくなります。
特に2020年は東京オリンピックがありますので外国人観光客増が見込まれますよね。そんな時にこんな便利アプリがあったら良いですよね。

③顧客満足度向上

店員がオーダーを取る必要がありませんので、自ずとオーダーミスがなくなります。
この『selfU』を導入することで
こんなの頼んでないよ
すぐにお取替えいたします
なんていう会話がなくなるのは明白です。

コスト減

必要なのはQRコードがあるシールだけ。
注文端末も必要ありませんので維持費やメンテナンス費は全く必要ありません。

ここまで聞いて皆さんはどう思いましたか。

店舗メリットがすごく多い!
このアプリを考えた人すごい!

そう思った方も多いのではないでしょうか?

しかしこのアプリ、実は全く流行っていません。
導入店舗を調べても、焼肉屋さんととある居酒屋チェーンの2つだけ…。

実際に『selfU』を導入している居酒屋に行ってみましたが、1人も『selfU』を使っている人を見ませんでした…。

なぜ流行らないのか。

顧客メリットが少ない

このアプリが浸透しない理由を一言で言うと企業メリットばかりが目立ち、私たち顧客のメリットをあまり考えていない点にあります。

実際に私が『selfU』を使ってみて、ここの機能は改善すべきだなと感じたのは3点ありました。

①個別会計機能がない。

今の時代、携帯で決済するのは常識の世の中となっており、様々な企業のpayを使うと現金を持たずともスマホ1つで決済できますが、その上、割り勘機能や友達への送金機能もあります。
ですので居酒屋やレストランでの割り勘支払いや個別会計もスムーズに行うことができます。

しかしこの『selfU』は個別会計、割り勘機能がありません。

また、注文〜会計までを行えるのが『selfU』の特徴でしたが、注文のみで決済機能は持たないというお店もあります。

注文だけのためにわざわざQRコードを読み取るというのはなかなか面倒ですよね…。

②店舗お得情報がない

忙しそうにしているとはいえ、目の前に店員さんがいる。
一言声をかけてメニューを伝えれば注文が確定する。
そんな状況の中、わざわざQRコードを読み取ってメニューを選び自らタップして注文を確定させる。いう手間をお客様にかけさせるにはそれなりのメリットが必要です。

最近では、グノシーやスマートニュースなどのニュースまとめアプリの中にすらクーポン券があるのに、この『selfU』というアプリにはクーポンや割引といった類のものが一切ありません。

顧客に行動を促すには行動させるだけの動機が必要です。

③日本語表記で外国語表記でない

外国人など日本語が話せない顧客も携帯から注文を確定させることができるというメリットを上記で述べましたが、読み取るためのQRコードの上に書かれているのは「スマホでかんたん セルフ注文」という日本語表記のみ。笑

これでは外国人の方は、なんのQRコードなのかも理解できませんよね…

まとめ

今回紹介したサービスは全く流行ってはいませんが、改善ポイントをまとめ、しっかりと導入企業とお客様のメリットを高めていくことができれば非常に良いサービスに生まれ変わっていくのではないかと感じました。

この『selfU』を運営しているO:derは他にも様々なサービスを運営しているので今後の動向にも注目です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です