明日の種

 あなたの行動は全て企業に見られている。

最近、私は賃貸物件をさがしております。

  • 「〇〇駅 賃貸物件」
  • 「不動産 おススメ」

などと1週間ほど色々なサイトを見ながら検索していました。

すると、ふと気づいたことがあります。

アプリの広告が全て物件関係になっているのです…

音楽を聴く際に開くアプリの広告も物件関係…。
インスタグラムのストーリー広告も物件関係…。

私が今賃貸物件を探していることをアプリ運営企業が知り、それに合わせて広告も変えてきているのです…

『現代ってこわっ…』

皆さんも私のような経験があるのではないでしょうか…。

そして、この現象は〇〇が進むとより深刻になり、ありとあらゆる自分自身のデータが企業に収集されていきます。

〇〇とは「キャッシュレス化」です。

【キャッシュレス化の波が到来】

日本は中国やスウェーデン、エストニアなどに比べてキャッシュレス化が進んでいません。

1つ例を挙げましょう。
中国の都心部では、スマートフォン所有者の98%がキャッシュレス決済を行なっています。

私が以前、中国のファミレスを訪れ、お会計をする際、現金を出すと、バイト生があたふたし始め、挙げ句の果てに店長が出てきてしまいました。

現金払いに慣れておらず、現金決済処理の方法がわからなかったのです。

それくらい世界ではキャッシュレス化が進んでいます。

中国がここまでキャッシュレス化が進んでいる理由としては、

①現金よりも信用できる。


→偽札が多く出回る中国にとって、現金よりもモバイル決済の方が信用できるのです。

②政府が勧めている


→政府主体となって、キャッシュレス化が進むように促しています。

簡単にいうとこの2つが挙げられます。

日本では2019年10月の増税に伴い、政府がやっとキャッシュレス化を促進し始めましたね。
参考:キャッシュレス還元事業

しかし、まだまだ現金に対する信用度が高いために浸透率がイマイチなのが現状です。

また日本の場合、この店舗では、〇〇payが使えるが、□□payは使えないというような状況が起きているのでこれも浸透率が悪い原因の1つであります。
(中国の場合は、アリペイかウィーチャットペイしかありません)

しかし、遅かれ早かれ、今後日本でもキャッシュレス化の波が押し寄せてくるのは確実といえます。

【キャッシュレス化のメリット】

キャッシュレスキャッシュレスって言うけど、、なんでこんなにキャッシュレスを勧めるの?
と疑問に思うことはありませんか?

  • お金を持ち歩かなくて良いので楽!
  • 携帯をかざすだけで決済が済むので便利!
  • レジ混雑解消!

などなど、ある程度のメリットは思いつきますよね。

でも小売店にとってはpayの会社に手数料を払わなくてはいけないのでお客さんからは現金で貰った方が嬉しいですよね??

なのに、政府も介入してまでここまでキャッシュレスを勧めるのには理由があります。

もっと別の角度からみた時のメリットが尋常じゃないんです!

それは、
『行動データの収集』です。

「キャッシュレスが浸透したことで便利になったね〜」「支払いが簡単になったね〜」ということよりも、キャッシュレスによって『あらゆる消費者の購買行動データが取れるようになった』ことが重要なのです。

キャッシュレス社会になると、個人の消費行動の詳細な把握が可能になります。
このデータを収集した企業は人工知能を駆使し、位置情報や気象情報、私達の検索情報を加えることで、一人一人の消費パターンや行動パターンの全てがわかるようになります。

いままでは、ポイントカード情報などを駆使し、
[20代男性のこの人は〇〇店で500円分の買い物をよくしている。]

というような情報しか手に入らなかったものの、

キャッシュレス化に伴い、
[この端末を持っている人は26歳の男性で、〇〇市に住んでいる。平日は〇〇駅〜〇〇駅まで通い、雨の日になると、セブンイレブン〇〇店で△△のコーヒーを毎朝8時に買う。]
というところまで分かるようになります。

アメリカの大手企業では、消費者の購入品目のデータから、結婚したかどうかや妊娠したかどうかまでも既に予測することができるそうです。

結果、企業のパーソナルマーケティングやターゲットマーケティングの威力は増し、商品サービスの売上向上に繋げることができます。

最適なタイミングで、最適なコンテンツを、最適なコミュニケーションで提供することが可能だからです。

LINEやpaypay、メルカリなど様々な企業がキャッシュレス事業に参入する理由はこの「行動データ」を取りたいからであると分かったと思います。

行動データを自社で活用することはもちろん、他企業へ販売することも可能ですもんね。

【まとめ 〜キャッシュレス化の闇〜】

キャッシュレス化によって、生活が便利になる反面、私達の行動情報を全て提供しているという闇の部分も把握しなければなりません。

今まで、アプリをダウンロードするとき、サイトから何かを申し込む時、それ以外の時でも、私達は当たり前のように個人情報を入力、提供していましたが、キャッシュレス化によって購買データをも提供することになります。

時代の流れ的に私達はどうすることもできませんが、しっかりとデジタルの闇の部分も認識する必要があるかもしれませんね。

POSTED COMMENT

  1. […]  あなたの行動は全て企業に見られている。 最近、私は賃貸物件をさがし… […]

  2. […]  あなたの行動は全て企業に見られている。 最近、私は賃貸物件をさがし… […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です