明日の種

消費増税対策!消費者還元事業について

10月1日から「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」事業がスタートします!

【キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)とは】

なにそれ???って思いますよね。思いません?

私はそう思いました、なので説明いたしましょう!

事業対象のお店で「キャッシュレス」で支払うと、最大5%ポイント還元が行なわれます!

知ってるとお得ですね。

6カ月の期間限定だが、「現金よりお得」にキャッシュレスで買い物ができるので買い溜めしとくのもありかな?

同事業は、消費税率引上げ後から2020年6月末まで、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する政府の事業。中小企業のキャッシュレス決済導入支援とキャッシュレスの普及促進のほか、消費者には対応店舗でのキャッシュレス利用で2~5%を還元、消費増税に伴う痛税感を軽減するのが主な狙いだ。同事業の予算は2,798億円。

利用可能な店舗は、9月2日時点では約27万件。8月29日時点での加盟店登録申請数は約51万件。対象店舗の中でも、5%の店舗と2%の店舗がある。また、大規模事業者は制度の対象外となります。

例えばマクドナルドは2,900店舗のうち、2,000店舗のみが2%還元対象となる

わかりにくい!!

10月1日までにはアプリで各地の店舗を検索可能になる予定。また、対象店舗においてもステッカーやポスターでも告知が行なわれる。

f:id:baoumaru:20190923223719j:image

支払手段がキャッシュレスであれば、還元されるこれがわかると節約できるかも!!

なので、キャッシュレス消費者還元事業について簡単にまとめてみます。

【クレジットカード決済について】

まずはクレジットカードは、還元上限が概ね1.5万円。還元手段で、カードの請求額からのポイント還元分の減額と、ポイント付与の2種類があり、発行会社やカードのブランドによって異なっています!画像を見たらわかりやすいかも!

f:id:baoumaru:20190923223733j:imagef:id:baoumaru:20190923223741j:image

付与時期は利用月の2カ月後でなのでそこだけ注意してください!

5%還元だと、30万円くらいつかって上限1.5万が戻ってくる感じですね。

【コード決済について】

コード決済も還元方法や上限などが若干異なっている。

PayPayは、還元方法が「PayPayボーナス」で、還元時期は決済日の翌月20日前後。還元上限は1回の決済で25,000円相当、ひと月25,000円相当還元。

PayPayとか今どこでも使えますよね。

さらにPayPayは還元事業の5%PayPayボーナスに加え、最大5%を加算し、最大10%のPayPayボーナスが獲得できるキャンペーン「まちかどペイペイ」も実施するみたいですよー!

便利ですよねー

時代はキャッシュレスじゃー!笑

楽天ペイもやるみたいです。

アプリ決済では、還元方法が楽天スーパーポイント。還元時期は利用月の翌々月末日頃。上限は1回あたり25,000ポイントで、月の上限はなし。

楽天ペイなんてあったんだ笑

f:id:baoumaru:20190923223855j:image

交通系電子マネーについて】

交通系など多くの電子マネーもポイント還元事業に参加する。

なんと、「PASMO」もこの還元事業に参加、このために新たに「PASMOキャッシュレスポイント還元サービス」を立ち上げました。

対象店舗でPASMOで決済すると、決済額に応じてポイントが貯まる。ポイントは同社指定の場所で、1ポイント=1円で換算してPASMOにチャージする。なお、参加には専用サイトでの登録が必要。還元事業の6カ月間を3期にわけて還元を行ないます。

また、PASMOのカードの上限は20,000円で、残高との合計が2万円を超えてしまうと還元を受けられなくなる。例えば、PASMOの残高が19,500円の場合、500円を超えた還元はできなくなってしまうため、残高に注意する必要があります。

ややこしいやーややこしいやー

nanacoもあるよ!笑

nanacoカードやnanacoモバイルの使用に対し、nanacoポイントで還元。利用翌月の15日にnanacoポイントで還元し、nanacoポイントから電子マネーnanacoに交換し、店舗等で支払い可能になる。事前エントリーは不要です。

f:id:baoumaru:20190923223830j:image

【コンビニについて】

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートやポプラでは、レジでキャッシュレスで支払うと、その場で2%の還元(即時充当)を行なう。還元対象の決済方法は、クレジットカード、電子マネーデビットカードQR/バーコードなど。この場合は、決済するキャッシュレス支払い手段を問わず、店舗での取引がその場で2%引きされます。

f:id:baoumaru:20190923223923j:image

このように表記されます、知らないと気づかなそうですね、、

【まとめ】

消費者還元制度については、わかりにくいですが、使いこなせば、節約にもつながります。

キャッシュレス使ってみると意外と還元多いので忘れた頃にポイント入ってる!なんて気づくこともあります!お得感倍増ですね。

キャッシュレスでみんなで消費増税乗り切って豊かに暮らしましょー!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です